私は、愛知医科大学を卒業後、小倉記念病院(福岡県)での初期臨床研修を経て、呼吸器内科に入局して2年目になります。学生時代は、気管支鏡検査の見学がとても辛く、慢性疾患が多く、かつ治療困難な疾患が多い印象から呼吸器内科を敬遠し、将来の選択肢から除外していました。当時の私と同様、呼吸器内科に同じような印象をもつ方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際に臨床現場に出てみると、小児から高齢者の疾患まで幅広く経験することができ、専門的でありながらも総合的な視点が必要な呼吸器内科の世界に次第に興味を抱くようになりました。@病歴・身体診察、A検査、B画像の3つを中心に組み合わせ、診断に迫る面白さは呼吸器内科特有のものであると思います。患者さんの苦しみに直結する科であるからこそ、呼吸が楽になったと感謝いただくことも多く、やりがいを実感できます。数ある大学の中で東海大学を選んだ理由は、肺炎や喘息、COPDといった一般的な疾患、肺癌といった比較的特殊な疾患、そして集中治療が必要な重症例まで幅広く経験できると考えたからです。また、若手医師が増えている環境と、若手に成長してもらいたいという浅野教授をはじめとした上級医の先生方の熱意に惹かれ、入局を決めました。現在は主治医をさせていただき、診断や治療に苦慮する毎日ですが、上級医の先生からは経験やエビデンスに基づいた適切なフィードバックを得ることができ、診療方針に関して気兼ねなく相談に乗ってもらえます。こうした環境は、全国的に呼吸器内科医が少ない昨今において非常に恵まれた環境であると実感しております。是非、当院呼吸器内科へ一度見学にいらしてください。呼吸器内科スタッフ一同お待ち申し上げております。
臨床助手 高橋 史成

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院での初期臨床研修を経て、呼吸器内科に入局して1年目になります。
 もともと私は内科学系の診療科へ進路を考えておりましたが、具体的な科は決めずに初期研修を始めました。喘息やCOPDで治療している親族がいたため、自然と呼吸器疾患に興味を持つようになりました。急性期の治療だけでなく、終末期まで一人の患者さんと向き合い続ける事が出来る点に呼吸器内科の魅力を感じ、入局することを決めました。新たな分子標的薬が研究・開発されており、肺癌に対する治療の幅が今後広がっていく中で診療に携われることが非常に楽しみでもあります。
 東海大学の呼吸器内科は肺癌・悪性胸膜中皮腫などの悪性腫瘍だけでなく、喘息・COPD・間質性肺炎などの良性疾患の症例も多く、偏りなく呼吸器疾患の診療が行えます。また、ここ数年若手の医師が増えてきており、科の雰囲気も良く相談しやすい環境にあることも東海大学の呼吸器内科の魅力であると思います。将来の進路に悩まれている方、ぜひ一度見学に来て頂けたらと思います。皆さんと共に働ける日を心待ちにしております。

臨床助手 服部 繁明

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143