科の構成

[教授]1 名 [准教授] 2 名 [講師]2 名 [助教]5 名 [臨床助手]4 名

認定医・専門医・指導医の数

日本内科学会認定内科医 10 名
日本内科学会総合内科専門医 2 名
日本内科学会指導医 8 名
日本呼吸器学会専門医 9 名
日本呼吸器学会指導医 4 名
日本アレルギー学会専門医 4 名
日本アレルギー学会指導医 2 名
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医 2 名
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 6 名
日本結核病学会結核・抗酸菌指導医 1 名

メインスタッフ

浅野 浩一郎(あさの こういちろう) 教授/呼吸器内科診療科長
  日本呼吸器学会専門医・指導医
  日本アレルギー学会専門医・指導医
  日本内科学会認定内科医・指導医
  日本がん治療認定医機構がん治療認定医

浦野 哲哉 (うらの てつや)准教授/医療機器・呼吸ケア管理センター長
  日本呼吸器学会専門医・指導医
  日本内科学会総合内科専門医・指導医
  日本結核病学会結核・抗酸菌指導医

青木 琢也 (あおき たくや)准教授
  日本呼吸器学会専門医・指導医
  日本内科学会総合内科専門医・指導医
  日本がん治療認定医機構がん治療認定医

小熊 剛(おぐま つよし)講師
  日本呼吸器学会専門医・指導医
  日本アレルギー学会専門医・指導医
  日本内科学会認定内科医・指導医

端山 直樹(はやま なおき)講師/ 9 A病棟副医長
  日本呼吸器学会専門医
  日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  日本内科学会認定内科医・指導医

診療・教育体制

呼吸器内科で診療する疾患は腫瘍、感染症、アレルギー疾患、間質性肺疾患、慢性・急性呼吸不全、睡眠障害などきわめて多様です。当院の呼吸器内科には2012年に6名、2013年に3名、2014年に2名のやる気あふれる若手スタッフ・臨床助手(後期研修医)が加わったことで、一気に質・量とも充実し、どのような患者さんのニーズにも高いレベルで応えられるような体制が整いました。神奈川県央部・西部には呼吸器内科専門医が少ないため、当院へはコモンディジーズだけでなく難しい病態の患者さんが紹介受診されるとともに、急性期の患者さんも数多く救急搬送されますが、どんな症例であってもスタッフ全員で総力を挙げて解決する、がモットーです。前期研修医、臨床助手は講師をリーダーとした4〜5名のチームの一員として入院患者の診療に従事します。あえて疾患領域別のチーム編成にはしていないのは、肺癌しか診られない、喘息しか診られない、といった呼吸器内科医を育成したくないからです。同時に上級スタッフには臨床が大好きな各領域のスペシャリストが揃っているので、直接担当している患者さんでなくても喜んでアドバイス・サポートをしてくれます。さらに後期研修では地域に密着した市中病院としての機能を併せ持つ大磯・八王子病院での外来・病棟研修を組み合わせて行います。このように当科の教育体制は、特定のサブスペシャリティ領域の臨床に偏りがちな大学病院と、ジェネラルに診られるけれども上級スタッフの専門性が限られる市中病院の研修制度のそれぞれの欠点を補うハイブリッドシステムになっています。

研究体制

臨床医にとっては目の前の患者さんの状態を良くすることが大切で、研究は必ずしも最優先ではありません。しかし、臨床において「なぜ?」と疑問に思う気持ちをなくしてしまえば、そこで臨床医としての進歩も止まってしまいます。疑問を持ち、それに対して仮説をたて、それを検証し、その結果を適切に解釈し、そしてそれを第三者にも納得してもらえる形で発表することは、研究者でない臨床医にとっても重要な責務です。診療ガイドラインを勉強することは当然のことですが、それよりもそのガイドラインの元になるエビデンスを作る側になりましょう。

呼吸器内科は伝統の睡眠医学研究に加え、臨床系雑誌の最高峰であるNew England Journal of Medicine 誌や免疫学のトップジャーナルであるJournal of Immunology誌に論文を執筆したスタッフが複数加わって研究体制も整い、平成26年の日本呼吸器学会学術講演会ではシンポジウム1演題、ミニシンポジウム2演題、一般演題で9演題の合計12演題を発表しました。

今年度からは厚生労働省の補助を受け、アレルギー性呼吸器疾患に関する全国調査も始めます。まだまだ発展途上ですが、やる気のある若い人が加われば、数年のうちに日本におけるこの領域のトップクラスに入ることも難しいことではありません。さらに当院で特に症例数が多い間質性肺疾患についても、基礎研究と臨床研究の両面からの取り組みを予定しています。
肺癌領域についても今後さらにスタッフを充実させる予定ですので、癌プロフェッショナル養成コースなどを利用してがん薬物療法専門医を取得することが可能です。また、がん患者さんに優しい治療の開発にも取り組んでいます。臨床腫瘍学に興味が有る方もぜひご連絡下さい。

将来展望

呼吸器内科医は救急医などに次いで、需要に比して供給が少ない専門医の第3 位です。これには高齢化にともない肺癌、肺炎、 COPDなどの呼吸器疾患で亡くなる患者さん(それぞれ死因の第1 位、4 位、10 位)の数が増えていることに加え、全国 で呼吸器内科学教室がない医学部が25%もあるということが大きく影響しています。神奈川県も例外ではなく、東海大学医 学部付属病院の位置する県央・県西部は特に呼吸器内科医が不足しています。それだけにこれからも良い呼吸器内科医が求め られる状況は続いていくと思われます。

さらにこの数年で大きく変わってきたことの一つが在宅医 療における呼吸器内科医の重要性です。従来、呼吸器内科医 は病院勤務が主体で、アレルギーや睡眠医療などの分野を例 外として、開業医にはどちらかといえば向かないスペシャリ ティと考えられていました。しかし、国民医療費の高騰に伴 い厚生労働省が在宅医療促進に大きく舵をとり、これからの 開業医は自宅での看取りも含めた在宅医療に積極的に関わら なければ生き残ることは難しいかもしれません。その場合に、 在宅高齢者で最も多い問題である肺炎などの感染症、がんに 対する緩和医療、そして呼吸管理を含めた終末期医療ができ る呼吸器内科医が果たす役割は必ずや大きくなります。

もう一つ強調しておきたいことに、呼吸器内科における女性医師の役割 があります。呼吸器内科は確かに重症の患者さんを診ることも多く、決し て楽な診療科ではありません。しかし、女性呼吸器内科医師も確実に増え てきています。実際に当科にも分院を含めて現在4名の女性スタッフが在 籍しています。結婚・出産という時期にはフルタイムで働くことが難しく なるかもしれませんが、アレルギーや睡眠医療、禁煙指導など外来主体の 診療主体に携わることも可能ですし、緩和医療を含めた肺癌治療において 女性医師が果たす役割の大切さはこれから確実に認識されてくると思いま す。限られた時間しか勤務できなくても、その時間はベストを尽くして患 者さんの診療にあたってくれる気持ちがあれば、必ず評価されるはずです。

東海大学医学部内科学系呼吸器内科には、患者さんのためにベストを尽くし、そして共に働く仲間が困っていたら自ら率先 してサポートしようという気概を持ったスタッフが揃っています。これからさらに高いレベルの呼吸器内科医療を提供できる ようになることを目指していますので、同じ志を持つ若い人たちがどんどん加わってくれることを願っています。

若手医師からのメッセージ

私は、信州大学を卒業後、初期臨床研修を東海大学で行い、呼吸器内科に入局しました。
呼吸器内科では、肺癌、喘息、COPD、間質性肺炎、気管支拡張症、肺炎などの様々な疾患を経験することができます。東海大学では、各疾患の急性期から慢性期の管理まで幅広く学ぶことができます。呼吸器の症状はその苦しさから患者さんの訴えも強く、緊急の対応も多いなど大変なところも多々ありますが、元気に帰っていく姿を見ると、呼吸器内科になって良かったなと感じます。また、喘息やCOPDなどの呼吸器疾患の管理は、日々の患者さんの生活に直結してくるので、とてもやりがいがあります。是非、東海大学呼吸器内科で一緒に、将来の呼吸器内科医を目指しましょう。

(田中 淳、臨床助手)

私は、東海大学を卒業後に初期臨床研修医を東海大学で行い、呼吸器内科に入局しました。
呼吸器内科は学問的にも非常に興味深く、急性期/慢性期/良性/悪性含め多くの疾患を経験する事が出来ます。また、大学病院というと、上下関係など含め閉鎖的なイメージがあるかもしれません。しかし、当院の呼吸器内科の最大の特徴としては医局の雰囲気の良さだと思います。私は現在4年目で主治医という責任あるポジションをやらせて頂いているのですが、経験や知識不足で診断、治療に関して悩むことが多々あります。しかし、そんな時、教授含め、チームの上級医の方々が気軽に相談に乗ってくれ、後押しをしてくれます。また私の意見も尊重してくれて、上下の関係を気にせず何でも言い合える雰囲気が当院の呼吸器内科にはあります。皆様と呼吸器内科医として共に働ける日を楽しみにしています。

(堀尾 幸弘、臨床助手)

後期研修医(臨床助手)募集中

平成26年度後期研修医(卒後3年目以降)を募集中です。
臨床助手/大学院コースも募集中です。

お気軽にご連絡下さい。
連絡先 東海大学医学部呼吸器内科 浅野 浩一郎
E-mail:ko-asano@tokai-u.jp

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143